神々の物語にふれた日々。

国宝 厳島神社復旧工事録




私たち「増岡組」は、様々な修復工事を通して、
――――――――――――――――――――
歴史的文化遺産の保護に携わっています

By managing each type of renovation, Masuoka-Gumi
has contributed to the protection of cultural properties




   永遠の風景、
     「安芸の宮島」。

 飛鳥時代に創建されたと伝わる厳島神社は、平安時代、平清盛によって造営されて以来現在の姿を確立し、その後、幾度か修理、復旧をかさねながらもその様式を現在まで維持してきました。
 また周辺には、五重塔、豊国神社(千畳閣)など、歴史の息吹を感じさせる重要文化財も数多く残されています。

 
 

 平成3年9月、台風19号が宮島を襲い、国宝に指定されている厳島神社本社のほか、能舞台や大鳥居、五重塔などの重要文化財に多大な被害をもたらしました。
 予て、厳島神社社務所、重要文化財豊国神社の屋根替えなどの工事を担当してきた当社では、被災直後から復旧作業に取り組み、文化庁や厳島神社、県の皆様の御指導の下、本格的プロジェクトを開始しました。国宝や重要文化財の再建は、歴史的な建築手法に基づき、忠実に工事を進めなくてはならず、工匠の技と現代の施工技術を調和させるという大きなテーマがありました。平成3年11月までに、本社祓殿、東西の回廊、平舞台、高舞台の修復を終え、一般の参拝を可能にしたのに続き、工事は客神社祓殿、左右門客神社本殿、左右楽房、左右内侍橋、長橋、揚水橋、五重塔、大鳥居へと広範に行われ、平成6年3月、能舞台の修復も完了し、もとの姿を取り戻しました。
 今、1400年という長い歴史を持つ厳島神社が、未来に向かって新たな歴史を刻もうとしています。

In September 1991, Typhoon No.19 hit Japan and seriously damaged the main pavilion of Itsukushima Shrine, a designated National Treasure, and such Important Cultural Properties as the Noh stage, Otorii, and Five-storied Pagoda.
Masuoka-Gumi, which had previously handled the construction of Itsukushima Shrine’s Shrine Office and the re-roofing of Houkoku Shrine, was entrusted with the projects and under the supervision of the Agency for Cultural Affairs, Itsukushima Shrine and Hiroshima Prefecture, we began the restoration work immediately after the disaster.
When reconstructing a National Treasure or Important Cultural Property, the work must be proceeded with complete loyalty to historical architectural methods. One of our major goals was therefore to harmonize traditional techniques with present-day technology. With such dedication, the Purification Hall of Itsukushima Shrine, East and West Corridor, Level Stage and Raised Stage were completely restored and ready to receive visitors by November 1991. The restoration work then continued onto Guest Shrine Purification Hall, the main Hall of Left and Right Guard Shrine, Left and Right Musician Areas, Shrine Maiden Bridges, Long Bridge, Water Fetching Bridge, Five-Storied Pagoda, and the Otorii. In March 1994, work on the Noh stage was completed so that it had regained its pristine shape.
Masuoka-Gumi has done its best to restore Itsukushima Shrine so that it can continue to add new pages to its 1,400-year history.

 
 

1.重要文化財 厳島神社末社豊国神社(千畳閣)屋根替え工事

2.国宝 厳島神社本社外災害復旧工事

3.重要文化財 厳島神社能舞台災害復旧工事

4.重要文化財 厳島神社大鳥居災害復旧工事

5.重要文化財 厳島神社塔婆(五重塔)災害復旧工事
配置図をクリックすると、拡大します