増岡組
企業情報 実績紹介 技術情報 不動産情報 工事事業所情報 リクルート インフォメーション TOP
増岡組HOME サイトマップ お問い合わせ リンク集

技術情報

CFT造
施工実績紹介

CFT造






増岡組は、より良い空間創造のために
CFT造の技術を取り入れたご提案を行っています。


柱間の拡大は、平面計画や許容性スパンの自由度が向上します。
構造的な階高上限の向上や、高層化への対応が可能となります。
柱断面のコンパクト化や柱減少により、有効床面積が増大します。
無耐火被覆工法の採用により、柱仕上の多様性と合理化が可能です。


CFT造は、優れた柱剛性や耐火性能を活かして、オフィスや集合住宅、各種複合ビルに活用されています。
アンボンド工法やトラス屋根工法等の大架構技術との併用により、用途の特性に応じた無柱大空間が可能になります。





RC造・SRC造・S造に続く第4の新しい構造システム

【CFT造とは】
 CFT造とは、鋼管内にコンクリートを充填した構造形式で、主に柱として低層から超高層建物まで幅広く適用できる新しい躯体システムです。
 鋼管とコンクリートの特性を十分に引き出すことにより、従来のS造や、RC造、SRC造に比べ、耐震・耐火性能に優れた特性を発揮します。



【CFT造の相乗効果】
 鋼管とコンクリートが相互に拘束することにより、在来工法で計算されている加算よりも構造的な性能が増大します。
 この相乗効果を「相互拘束効果」と言います。
 コンクリートの均質、密実かつ隙間のない充填と必要な強度発現および鋼管とコンクリートの一体化を保証することで、相互拘束効果を考慮した設計も可能となります。



【CFT造の無耐火被覆工法】
 CFT造柱は、一般的には鉄骨造と同様に耐火被覆を施すことになっています。しかし実験で、加熱により鋼管の耐力は低下しても軸力を充填コンクリートで一定時間保持できることが確認されています。
 従って、一定の条件下で耐火被覆の取りやめや軽減が可能となり、仕上のコスト削減が可能となります。



【CFT造の施工品質】
 CFT造は、技術難易度が高い施工法が必要となります。
 その高い施工品質を確保するために、CFT造施工技術ランク制度を運用している(社)新都市ハウジング協会で、以下の制度を設けています。
 制度に適合する高度な品質管理の下に施工が行われています。
CFT造施工管理技術者の資格試験と登録制度
施工者の施工技術力の審査およびCFT造施工技術登録制度
CFT造の施工技術指導と施工計画の審査



【CFT造施工技術ランク認定証】
CFT造施工技術ランク:B
CFT造 施工実績紹介




パンフレットはこちら(PDFファイル/印刷不可)
※web公開用に解像度を低く設定しております。


−お問い合わせは各事業所へ−
呉本店
広島本店
東京支店
大阪支店
広島県呉市中央1丁目6番28号
広島県広島市中区鶴見町4番25号(増栄ビル)
東京都千代田区鍛冶町1丁目5番7号(江原ビル)
大阪府大阪市中央区北浜3丁目2番23号(信愛ビル)
TEL(0823)21-1441
TEL(082)504-5050
TEL(03)5294-8580
TEL(06)6202-3264


Copyright2005 MASUOKAGUMI. All rights reserved.