増岡組
企業情報 実績紹介 技術情報 不動産情報 リクルート インフォメーション サイトマップ TOP
増岡組HOME お問い合わせ リンク集

技術情報

3D測量による3Dモデル化技術


3D測量による3Dモデル化技術


 3D測量とは、UAV(ドローン)による航空写真測量、3次元レーザースキャナ、UAV搭載型レーザースキャナにより測量することです。
 その測量結果を3次元モデル化します。色情報の付加によりカラーイメージを表現することも可能となり、作成された3次元モデルは、3次元CADの見え掛かり部分データやウォークスルー動画の元データとなります。


3D測量による点群データ



【 3D測量技術の特徴 】
3D測量は、広範囲の測量を、非常に短い時間で、必要な精度を持って計測し、迅速で正確な3次元モデルを作成することができます。

■ UAV(ドローン)を使った航空写真測量
  • 広範囲を短時間で測量し、3次元データを作成できる
■ 3Dレーザースキャナ
  • 高精度での測量が可能で、構造物測量に使用できる。
  • 航空写真測量との併用により、地上からの測量ができない部分を補完できる。
  • 測量位置を計画に基づいて設置することで、複雑な形状にも対応できる。
  • ノンプリズム方式での計測により、危険な個所や高所でも測量可能です。



【 3次元測量と3次元モデル化 】

  1. 3次元測量技術のご提案 (範囲、精度、手法、成果品)
  2. 測量計画の立案
  3. 工事基準点の設置
  4. 3次元測量(ドローンによる航空写真測量、3Dレーザースキャナ測量)
  5. 3次元モデル化(点群データや写真測量データの3次元データ化)
  6. 設計3次元CADとの連携、必要図面の作成
  7. ウォークスルー動画、VR等の成果品作成



【 3D測量技術による3Dデータイメージ 】
増岡組では、昭和60年より嚴島神社の保存修理工事を行っています。
この度、3次元モデル化技術による、文化財の現状記録を行いました。

※ 3次元モデルを基に動画化した、3Dデータのイメージです。




Copyright2005 MASUOKAGUMI. All rights reserved.